介護の資格を取って高齢化社会を解決に導こう

婦人

子供を育む専門家

乳幼児〜小学校就学前までの子供達を、家族に代わって保育するのが国家資格を持つ「保育士」の仕事です。 保育士の資格取得後は、保育園は勿論児童福祉の各種施設で働く事が出来ますし、近年は民間企業などでも保育士の有資格者を必要としている所も増えていますので、これからますます活躍の場が広がるでしょう。

高齢化と高まるニーズ

人形

短期間で効率的な勉強

超高齢化社会を迎えて、施設や在宅で介護が必要な高齢者が日本全国で急激に増えています。人口の多い神奈川県も例外ではなく、神奈川県内にいる介護が必要な高齢者の人数に対して、介護に携わる人の人数がまだまだ足りていないのが現状です。また、神奈川県では今後もますます高齢者が増えていき、施設や自宅で介護ができるスキルを持った人がさらに必要となることが見込まれています。このようにニーズが高まる中、神奈川県内では介護職に携わるための資格取得を支援するスクールの数も増えていて、人気を集めています。介護の資格の中でも特に人気なのは、初めて介護を学ぶ人に最適な介護職員初任者研修の資格です。ホームヘルパー2級に代わる資格としてスタートしているもので、基本的な知識や技術を一から丁寧に学ぶことができます。神奈川で評判のスクールでは、忙しくてなかなか時間を割くことができない人が効率的に資格勉強ができるように、短期間でしっかり学べる独自のカリキュラムを組んでいます。また、仕事や子育てと両立しながら通学している人のために、授業を休んでしまった場合の振替授業を受けやすくしたり、無料の補講を行ったりして支援しています。さらに、資格を取得した後の就職相談や就職先探しを丁寧にサポートしていて、資格を生かすことができる最適な職場をスムーズに探すことが可能です。就職先のことに関する相談など受講生を対象としたフォローアップ体制も万全で、安心して介護職を探すことができると好評です。

保育園

子供の教育に関わる仕事

保育士になるには、短大が一般的ですが、大学でも保育士資格を取ることができます。大学ではほとんどが幼稚園教諭の免許を取ることもできます。幼稚園教諭の資格もある方が就職の幅は広がります。また大学の方が時間的な余裕があり、より専門的な研究ができます。費用は短大よりもかかりますが将来の就職の幅は広がります。

ウーマン

多忙時でも可能な取得

世の中の会社では、客観的な評価基準に資格取得を提示しているところもあり、これが昇進昇格の条件になっている場合があります。こうしたビジネス上の資格を決められた期間内で計画的、効率的に取得するためには、実績のあるビジネススクールに通うことです。