介護の資格を取って高齢化社会を解決に導こう

女の人

子供を育む専門家

保育士

乳幼児からの子育て応援

「保育士」は保護者に変わって子供を保育する子育てのスペシャリストで、国が認めた国家資格です。幼稚園の先生と混同しがちですが、実は全く違う職種なのです。 保育士は厚生労働省の管轄で、特定の学校に通わなくても受験資格を満たし試験に合格すれば保育士になる事が出来ます。一方幼稚園教諭は文部科学省の管轄で、教職課程のある専門の学校(大学や短大)などで勉強する必要があります。「学校」という位置づけになる幼稚園と違い、保育士の働く保育所は「児童福祉施設」という位置づけになっていますので、保育可能な年齢も乳幼児〜小学校就学前(0歳〜6歳)となります。保育士さんはまさにお母さんに代わる存在と言えるでしょう。 かつては「保母さん」と呼ばれていましたが、男性の資格取得者が増えた事や、男女雇用機会均等法が制定された事から、1999年に児童福祉法が改正され「保育士」と呼ばれるようになりました。 保育士資格取得後は、保育所以外でも様々な分野で活躍出来ます。例えば乳児院や児童養護施設・障害児施設などでは、一定人数保育士を配置する事が義務付けられています。その他にも児童館や学童保育・病院・ベビーシッターなど民間企業でも保育士のニーズは増えているのです。 また働く女性にとって、結婚・出産は仕事面でマイナスになってしまう事も多い現代ですが、保育士さんにとってはこの経験も仕事にプラスに活かせるので、子育てが一段落したら職場復帰を目指しましょう。近年は「潜在資格取得者」の存在が問題になっています。せっかくの資格ですから眠らせておくのは勿体ないですね。