介護の資格を取って高齢化社会を解決に導こう

女の人

子供の教育に関わる仕事

保育園

より専門的に教育を学べる

待機児童問題は全国的な問題となっています。子供を預ける保育園が不足し、子供を預けたくても預けられないという現状です。保育士不足は深刻ですから、就職先に困ることはありません。パート採用の求人も多いので、平日、子供が学校に行っている間だけ働くこともできます。一旦結婚して、子供を産んでも、社会復帰しやすいのが保育士です。資格は一生ものなので、保育の仕事に興味のある人は、保育の学校に通うことも検討してみてはいかがでしょうか。保育の資格は短大でも取ることができますが、大学では、幼稚園教諭の資格も取れるところがほとんどです。幼稚園教諭の資格があれば、就職先の幅も広がります。大学では、小学校教員、中学高校教員の資格が取れる総合的に教育を学べるところが多いです。大学の方が、将来の進路の幅は広がるでしょう。費用は確かにかかりますが、それ以上に得るものも大きいのが大学です。短大よりも、時間に余裕があるので、落ち着いて学ぶことができます。将来海外で教育の仕事に携わりたいという人もいるかもしれません。そういう人には、大学の方が、研究に力を入れているのでお勧めです。保育士の資格を取る道は、色々ありますので、ぜひ自分の目標にあった進路を探してみてください。しかし、短大で資格をとるメリットとして短期間で資格が取得できるというメリットがあります。それだけ早く保育園に勤めることができるので、若いうちにキャリアを積みたい方は短大がおすすめです。