最新記事一覧

かにが美味しい時期はいつ

カニ

産地による旬の違い

年末年始が近づく頃になると新聞や雑誌などで、かに通販の広告を多く見かけるようになります全国各地の新鮮なかにがお手頃の価格で購入できるとあって、かに通販を利用する方は年々に増えてきています。一般に冬の時期になると魚介類は栄養を蓄え、脂が乗って美味しくなるというイメージがあります。実際に旬という時期を迎えたブリやサバ、牡蠣などはそうであり、全国各地の水揚げされた土地や漁場などの名称を冠せられ、高値で取引されています。かにしゃぶやかに鍋など、寒い時期のグルメの代表のようなかにも実は美味しいのは冬だけでなく、漁獲地やかにの種類ごとに旬があります。タラバガニや毛ガニなど、かにの漁獲量が全国で一番多いのが北海道ですが、例えば北海道のタラバガニには春と冬の2回の旬の時期があります。オホーツク海の流氷が去った4月から6月は甘味があって味が良く、11月から2月にかけては脱皮して身が詰まっているタラバガニが味わえます。ズワイガニはタラバガニと同じく北海道では流氷が去った4月から5月の春に旬を迎えますが、新潟や富山、島根県沖の日本海では11月から3月頃にかけての冬が旬になります。北海道と日本海で旬の時期が違うのは漁期が違うためであり、時期をずらす事によって乱獲を防ぐ資源保護の意味合いがあります。日本全国のその時々の旬のかにを取り寄せる事ができるのがかに通販の大きな魅力です。関東や関西などは5月になると季節は初夏ですが、その時期にも現地に足を運ぶ事なく旬の美味しいかにを食せるので、グルメが好きな方には堪らないものがあります。最近では冷凍技術の発達により、冷凍することで、かにに含まれている成分の旨味も増したりするものです旬にこだわる方も、旬にこだわらない方も、いつでもどこでも全国のかにが美味しくいただけるのがかに通販の良さといえます。